道徳と「部落」という言葉。

0

    道徳が正式な教科となるそうです。


    これまでは正式な教科ではなかった為に成績という概念が無かったのですが、これからは


    「道徳」


    には成績という概念がくっつくようです。




    僕は、生まれは大阪で小学校6年生の2学期の途中に鹿児島の小学校へ転校しまして、道徳はほぼ大阪スタイルを学んだ事になります。


    大阪の道徳のスタイルがどうだこうだというには比較出来るほど鹿児島の小学校の道徳をあまり受けてはいないのでそこらへんは置いておくとして、その大阪の道徳で学んだ内容を踏まえるとなかなかのカルチャーショックが鹿児島にはありました。


    そのカルチャーショックとは


    「部落」


    という言葉。


    大阪で部落という言葉はいわゆる


    「被差別部落」


    をさす事が多く、僕が受けた道徳の内容も


    「部落には差別を受けていた人達がいて、その人達にも分け隔て無く接しなければならない」


    的な事が書かれておりました。


    なので、大阪では子供ながらに部落という言葉を口にする事はタブーのようなイメージをもっていたのに、鹿児島では


    「部落の祭り」

    「部落の集まり」


    等、何かの拍子に耳にする事があり、そのたびに


    -ドキッ-


    っとしておりました。



    ある時、とある部落の祭りに誘われました。


    大阪の道徳の授業で部落とは散々差別を受けて迫害されていた人達が住んでいるという刷り込みを受けていた僕は、親に言えば反対されてしまうかもしれないという謎の概念から親に内緒にして祭りに行きました。


    別に、普通の祭りでした。


    それからなんかもやもやしつつも、そのもやもやを解消するきっかけもなく中学生になりました。


    中学生になりますと大阪弁も多少やわらぎ、それなりに秘密を共有しあえそうな友達が現れ、まあまあ決死の覚悟でその良かった同級生に


    「部落って…」


    と質問すると、要するに集落という意味だとわかりました。



    ちょっと話はズレますが、僕は


    「尋常性乾癬」


    という皮膚炎を患っております。


    アトピーみたいなもんなんですが、この病名を声に出すと


    「ジンジョウセイカンセン」


    と言うので、そのカンセンという言葉のイメージから


    「感染るの?」


    みたいな印象を与えてしまう事があります。


    その病名の知識のある人からすれば


    「乾癬はカンセンしない」


    ってのは分かるのですが、知らない人からすれば


    「カンセンという病名やから感染るかも」


    との印象をどうしてももってしまうので、人に聞かれた時には


    「アトピーみたいなもんです」


    と答えたりしています。


    ちょっと例えが分かりにくいかもしれませんが、鹿児島での部落の意味は集落をさすのに、大阪での部落の意味は主に被差別部落をさすので同じ言葉なのに受けた教育や知識によって意味合いが大きくズレるのはどないなんやろなあと思った次第です。


    今回のこの部落について書いたエントリーも、内容的には大した事をなんも書いてはいないのですが、なんとなくタブーな事を書いているような変なソワソワ感があるので、教育って凄いなぁと改めて思った次第でありました。


    はい。














    ムカシノハナシ(自主映画編その2)

    0

       

       

       

       

       

      前回からの続き…

       

      当時、制作費やらなにやらはメンバーの持ち寄りで、機材等は長野泰隆、衣装等や小道具はYが担当しておりました。で、大きな金は僕が小口のスポンサーやパトロン的な人から集めたり借りたりしておりました。

       

      集めるといっても数万円レベルを何人かから集める程度ですので、大掛かりなものとなると書けないような仕事をして集めてこねばならず、クリエイティブな欲求よりも

       

      「威張りたい」

       

      という純粋無垢な邪心がモチベーションだった僕にとっては制作費の捻出なんて憂鬱以外の何物でもありませんでした。

       

      で、ただでも憂鬱なものを一発で100万ともなりますと憂鬱を通り越して逃げたくなるレベルでしたが、中学校から威張り続けていた相手に今さらヘタレる訳にもいかず

       

      「100万やな、わかった」

       

      と、事も無げに返事をし、金策に日夜動きまくっておりました。

       

      当時、パトロンの人でオカマのお姉さんがおり、そのお姉さんに相談したところ

       

      「1発5万」

       

      を提示されました。

       

      オカマの人はなかなか屈強な方が多く、下手な生返事をすると生きて帰れません。生きて帰るには抱くか断るかしかありませんでしたので即答で断ったのですが、いつも明るいオカマのお姉さんが意気消沈している様は見ていられず

       

      「抱っこだけならいいです、お金いらないです」

       

      と、仏心を出してハグしたらスライダー気味に投げられ、スナック規模の店内の狭いカウンターの下で貞操をかけたバーリートゥードが始まりましたが、運良く酒屋さんが来て事なきを得ました。

       

      書き忘れましたが、僕は柔道の黒帯でオカマのお姉さんはアマレス経験者なのでなかなかハイクラスな攻防でした。

       

      次に行ったのは右翼のおっさんでした。

       

      僕が某国の象徴の方を元にしたコメディを作った際に

       

      「不敬である」

       

      と、試写会に来場下さって以来の付き合いで、そのおっさんの抗議に対して命懸けの化学忍法口車がなぜか通用してしまい、愛国勤労芸術青年としてちょくちょくただ飯を食わせてもらったり道場で稽古をつけてもらったりしておりました。

       

      そのおっさんに相談しましたところ

       

      「100万は無理だが」

       

      と、10万円と米を貰いました。

       

      あと色々行きましたが無名の自主製作映画のグループにお金を出す人などいる訳もありませんでした。

       

      そら、全員鹿児島の人間なのに地縁も血縁も無い東京でまとまったお金を集めようとする事自体がおかしな話な訳で……

       

      と、思った時に一人だけその程度の金なら出しそうな奴を思い出しました。

       

      たった4年しか一緒に過ごした事がなかった実父、通称

       

      「成金野郎」

       

       

      (続く)

       

       

       

       


      ムカシノハナシ(自主映画編 その1)

      0

        今からもう23年くらい前、東京で

         

        「エイジア」

         

        という、自主製作映画のグループをしておりました。

         

        田舎から出てきた野望と無敵感溢れる僕は当時そのグループの代表をやっておりまして、制作費を捻出する為に昼夜働いておりました。

         

         

        とある歴史物を作る事になりまして、その為に機材を購入する事となりました。

         

        当時、今のようなスマホで撮れる訳もなく、ホームビデオですら高値の花であったところを無謀にも

         

         

        「ベータカムのカメラ」

         

        を購入する事になりました。

         

        今はプロのカメラマンになりましたが、そのグループの撮影責任者は長野泰隆という男でして、中学校から付き合いのある…というか、その彼と出会った事で僕は自主製作映画の世界にハマる事となった、人生のキーマンでありました。

         

        そのキーマンはその当時は撮影スタジオかなんかでバイトをしており

         

        「民生機なんかじゃ撮れない」

         

        と、夏休みにみんなより先に童貞を捨てた小僧のようなマウンティングを発揮し、先ほど申しました

         

        「ベータカム」

         

        を購入するハメとなりました。

         

        そうなると、マイクも必要ですし、今はパソコンで編集とかできますが、その当時は編集ルームを借りねばならず機材と制作費で幾らかかるか分からない状況でした。

         

        まぁ、普通に考えて数百万のレベルになっちゃいますからこの話は立ち消えするであろうと思っていたのですが、これもまたやっかいな事に当時、演者を取りまとめていた男でYという男がおりまして、なかなかの行動力と段取り力を発揮して

         

        「100万あれば何とかなる」

         

        と、宣言してしまいました。

         

        彼のプランは

         

        「機材は買わなきゃ始まらないけれど、制作費は製作期間と共にやりくりすれば良い」

         

        という、無謀なプランでしたが、血気さかんでどこまでも無敵である若者たちは

         

        「なんとかなるさー」

         

        と、信じて疑わなかったのです

         

        僕以外は。

         

         

        (続く)

         

         

         

         

         

         


        とりあえず、本気出す。

        0

          年始からはてなブログでちょこまか書いていたけれど、先々を考えると独自ドメイン取っておきたいなぁと思いはじめたイエスタデイ。


          ムームードメインがキャンペーンでドメイン代が少し安かったので衝動的に取得したは良いけれど、はてなブログで独自ドメインを使うのに月1000円かかるのはノーサンキュー。


          (間奏)


          そんな時に出会ったのさ、月額324円のjugemブログに。


          独自ドメイン取得代の754円と合わせても1100円でお釣りがくるのさ。


          はてなとオサラバjugemにジュテームさ。


          「そうさ、俺は俺なのさ」


          (間奏)


          はてなと別れて色々と気づいた事がある。


          記事の書きやすさやサイトのレスポンスとか。


          GMOの方がデカイとか、インターネットがメインだからユーザビリティだとかはてなより良いと勝手に思いこんでいたのさ


          そんな俺は、それでも俺は


          (銃弾を受けるイメージカット)


          振り返らないさ


          振り返れないさ


          自分から別れを告げて去ったお前に


          戻れないさ


          戻られないさ


          jugemのアプリがやばいくらい使いにくくても


          jugemのアプリのアップデートの最新が去年の7月だとしても


          GMOの株価が馬鹿げてると思っていたとしても


          (暗転)


          「それでも、ヤフーブログよりは…」



          fin








          初っ端からココロが折れそうなのです。

          0

            独自ドメインを設定するためにムームードメインでドメインをインし、同じGMOグループって事でJUGEMブログを選択したのですが、サイトマップの登録で手こずりすぎて腰痛復活。

             

            ググっても同じ悩みの人は見つかれど解決策は見当たらず、かといってわざわざ有料でブログするからには基本的なとこは最初のうちに抑えておきたい几帳面なA型気質が災いして沼にズブズブと沈下中。

             

            最初のエントリーが愚痴なのは避けたかったけれど、致し方ない。

             

            辛い。


            (追記)

            理由は全くわからないけれど、あれやこれやしていたら登録出来た。


            日頃の行いが良いからであろうか。



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM