「伯州住守次」

0

    僕の愛刀は伯州(鳥取県)の守次さんという刀匠が幕末期に作ったものとされています。


    伯州住守次という名前は刀名鑑には載っておりません。刀名鑑というのは刀工や拵えなどを作る職人さん名簿みたいなもので、ほとんどの職人さんが網羅されているようですが、どうやらマイナーな職人さんまではフォローしていないようです。



    銘というのは刀のナカゴといわれる柄に差し込む部分に刻むサインで、自分の自信作には銘を刻み、そうで無いものは銘を刻まなかったそうです。


    ですので、無銘の刀に有名刀匠の銘を入れたり、マイナーな刀匠が有名な刀匠の銘を刻んだりして価値をあげたり誤魔化したりする事が多々あるようです。


    で、話は戻りますが、この伯州住守次さんをググッても、その銘を刻んだ刀の情報がこのインターネットがアカッシックレコード化している現代でも出てきません。先程も書きましたが、伯州住守次さんが有名な刀匠であれば価値をあげたり誤魔化したりする為に刻む事も考えられますが、わざわざ無名の刀匠の名前を刻む事は考えにくく、伯州住守次さんは存在していたけれど


    超マイナー


    な刀匠であったのだろうと推察しております。



    しつこくググッておりますと


    「伯州住守次」


    という名がとあるものに刻まれてオークションに出ていた形跡がありました。


    そのあるものとは


    「錠前」


    です。



    ヤフーオークションに守次さんの銘が入った錠前が出品されておりました。残念ながらその銘の画像は無いのですが、この世に守次さんの作品が刀以外にもある事がわかりました。


    で、気になるのはその錠前が作られた時期の


    「天正3年(1575年)」


    というところです。


    天正3年は織田信長がバッキバキにオラッていた頃で有名な長篠の戦いが起きた年です。


    で、ここで少しまとめます。


    A「伯州住守次さんは名鑑に載っていない」


    B「伯州住守次さんは刀屋さんの見たてでは幕末の刀」

    (1864年)


    C「伯州住守次さんの錠前の製造年月日が天正3年」

    (1575年)


    まず、Aの理由によりわざわざマイナーな銘を刻む必要が無いので伯州住守次さんは存在した。


    BとCにより、伯州住守次さんの活動時期は1575年から1864年の約290年間……な、訳が無い。


    通常、鑑定書や伝承などが無い刀の場合、波紋や地肌などその刀の作風などでその刀の刀匠を推察するようです。


    例えば、銘が入っていない刀でも作風などから


    「これは波平だと思う」


    的な風に鑑定したり、銘が入っていても作風などから偽銘と判断されたりするそうです。


    今回の伯州住守次さんは名鑑に載っていない刀匠さんなので作風によって刀屋さんが判断されたのだと思います。もしかしたら、元々の拵えなどが幕末のものだったのかもしれません。


    幕末期の刀の主流は二尺五寸前後で反りが浅く、身幅が広い。天正3年の慶長新刀期の主流も二尺四、五寸あたりで反りが浅い。



    特徴は似ています。


    なので


    「伯州住守次さんは天正3年あたりに活動した鳥取県の刀匠で、錠前も作っていた」


    と、僕は推察しました。


    ちなみに、仕事があまり無い刀匠は錠前を作っていたという記録があるので、やはりマイナーな刀匠だったのだろうと思います。


    あまり刀の事に詳しくない僕が少ないパーツで想像した事ですので確証も確信もありませんが、名もなき刀匠が受けた数少ない刀鍛冶仕事の中で、自信のあるものだけに銘を刻んだと考えればネットでググッても他に


    「伯州住守次」


    の銘が入った刀が出てこない事もうなずけます。


    僕は守次さんが名工であって欲しいとか、この刀が掘り出しものであって欲しいとかは全く思いません。おそらく、普通の刀匠かそれ以下の刀匠さんで主に鍬や鋤などを作っていたようなオラが村の刀匠みたいな人だったと思います。


    そのようなオラが村の刀匠が自分が刀匠として納得出来た時のみに銘を刻んだ刀が僕のところへ来た事をとても嬉しく思っています。


    今の、ほとんどの情報が集まるインターネットでその痕跡が1本の刀と1個の錠前しかない守次さんをこれからも大事に大切に使っていきたいと思いました。




    (PS)

    と、このように推理したり、そこから妄想したりするのもなかなか楽しい居合&刀剣趣味。


    不勉強はご容赦。

     (๑´ڡ`๑)













    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM